「えらい」という方言の意味、由来を解説!例文による使い方も。

「えらい」というのが方言だとわからなければ、「偉い」という意味だと思って聞いてしまうので、会話が成り立たないこともあるかも知れませんね「えらい」は中部地方を中心に使われる方言ですが、他の地方でも使っているようで広く分布しています。ここでは「えらい」の意味や由来などを例文も用いてご紹介します。

えらいの意味

「えらい」という方言は、中部や中国地方などで「疲れた」とか「大変だ」という意味があります。この「えらい」を方言として使っている地域では、標準語の「偉い」とは前後の会話で使い分けています。

えらいを標準語に言い換えると

方言の「えらい」を標準語にすると「疲れた」「体調が悪い」と言い換えられます。これは身体的なことを表現する場合です。

もう1つの「大変だ」という意味の「えらい」は「とても」とか「すごく」「一大事」「非常事態」「とんでもないこと」などと平常ではない状態を意味する表現としても使われています。

えらいの漢字

方言の「えらい」は「偉い」という意味とは違いますので、漢字ではなく仮名で「えらい」と書きます。

えらいの使われる地域。発祥、由来

「えらい」は愛知県、岐阜県、三重県、長野県、福井県、滋賀県、中国地方の一部で使われる方言ですが、由来は「大変」とか「一大事」とか「非常事態」など、普通ではない状態のことを「えらい」と表現していたのが発祥だという説があります。

「大変だ」という意味の「えらい」は全国か各地で広く使われています。大変なことを切り抜けたことで疲れてしまったという意味で「えらいことだった」と言っていたのが身体的な疲労や体調不良のことを「えらい」というようになった由来だと考えられています。

名古屋弁でのえらいの使われ方

「えらい」を方言として使っている中部地方の中でも、名古屋弁での使われ方は少し独特です。「えらい」が少し変化して使われているので、以下で詳しくご紹介します。

名古屋弁ではえらいが変化している!

愛知県では、全域で「えらい」を同じ意味で使っています。ですが、同じ愛知県内でも、名古屋弁と言われる尾張弁、西三河弁、東三河弁など、細かく分けられます。

名古屋弁での「えらい」は、「大変」という意味と、「疲れた」の意味の両方で使うので、そのままでは意味がゴチャゴチャになってしまいます。なので、名古屋弁では「大変」を「どえらい」または「どえりゃー」と言い換えます。

このように変化させることで、「とても大変だったから疲れた」ということを「どえりゃーえらい」となるわけです。

方言としての使用率はトップ!

名古屋での「えらい」の使用率は、年代問わず100%に近いほど普通に使われますが、意外にも「えらい」の使用率は全国トップという説もあります。全国で約40%で「疲れた」ことを「えらい」と言っているのです。

「えらい」は名古屋弁というイメージが強いですが、じつは広い地域で使われている方言なんですね。

えらいの例文

疲れたという意味で使われる「えらい」ですが、使うシーンによっては、変化します。具体的な使われ方を例文でご紹介します。

「えらい」の例文①

ただいま

お母さん

おかえりなさい。ずいぶん遅かったね」

ちょっとトラブルがあって、クタクタだよ

お母さん

そりゃえらいでしょ~。早くお風呂入って寝た方がいいわ
(それは疲れたでしょ~。早くお風呂入って寝たほうがいいわ)

「えらい」を「疲れた」と使っている一番ポピュラーな使い方。

「えらい」の例文②

先生

おい、京本君、顔色が悪いけど大丈夫か?

岸本

なんか急に寒気がしてえらいです
(なんか急に寒気がしてきついです)

先生

熱があるからえらいのかもな。保健室行ってきなさい
(熱があるからきついのかもな。保健室行ってきなさい)

この場合の「えらい」は、体調の悪い状態を示す意味でつかっています。

「えらい」の例文③

名古屋人

この店のクーポンがあるから値打ちに飲めるよ
(この店のクーポンがあるから安く飲めるよ)
30%も値打ちになるんだどえらい得だが
(30%もOFFになるなんて、すごく得だね)

名古屋人

名古屋人

昨日も遅くてえらいもんで、わたしは先にご無礼するわ
(昨日も遅くて疲れているから、わたしは先に帰るよ)

「えらい」の例文④

女性

寝過ごして遅刻しそうだったから、駅までダッシュして朝からヘトヘト

女性

駅まで走ってどのくらい?

女性

10分ちょっとかな

女性

え~、10分もダッシュしたらえらいわ

彼女

いやいや、そんな褒められるようなことじゃないよ。寝坊したんだから

女性

褒めてないけど

彼女

だってえらいって言ったでしょ

女性

ああ、それは疲れるって意味ね

この例文のように、方言として「えらい」を使わない人が聞くと、「偉い」と勘違してしまうことがあります。

まとめ:年齢の境界線もなく定着している方言「えらい」

疲れたことや具合が悪いという意味の方言として「えらい」は若い人も使っています。「えらい」を標準語だと思い込んでいる人も名古屋周辺には存在するほど定着しています。

方言を使わない若い世代が増えていますが、誰もが使える方言はずっと残って欲しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です