「いずい」とはどんな意味で使われる方言?由来や例文【北海道・東北地方】

いずい

「いずい」という方言を使っているのは、北海道、そして東北地方の中でも宮城県など一部地域です。全国的に知られている方言ではないので、「いずい」と聞いても意味を理解できるのは、北海道や東北に馴染みのある方だけでしょう。今回は「いずい」の意味と使い方などご紹介します。

いずいの意味

「いずい」とは、「違和感がある」「気持ちが悪い」「不快な感じがする」という意味の方言です。主に「いずい」を使うのは北海道全体です。東北地方では宮城県を中心に使われています。宮城県以外の東北地方では、「いずい」という方言を使わないとしても、意味は理解できる人が多いので、東北から北海道でなら通用する言葉です。

いずいを標準語に変換すると「しっくりこない」

「いずい」の意味は1つではないので、標準語に言い換えても1つの言葉に絞るのは難しいですね。伝わりやすい標準語に言い換えると、「しっくりこない」とか「居心地が悪い」という感じです。

いずいという方言の漢字

「いずい」という方言は、漢字に変換することはないので、ひらがなで書きます。もともと日本語は漢字ではなくかな文字しかなかったので、漢字が広まる前から使われた言葉が由来になっているからです。

いずいの発祥、由来

「いずい」は北海道や東北で使われる方言ですが、もともとは京の都がこの国の中心であった時代から使われていた「えずい」という言葉が起源になったと伝わっています。

「えずい」の意味は「恐い」とか「背筋が凍る」など、恐怖を感じた時の表現として使っていました。「えずい」は現代でも気分が悪くなって嘔吐しそうな時などに「えずく」「えずいてしまう」として使われています。

恐怖を感じると「何となく気持ちが悪い」と表現することもあるので、「えずい」という言葉には恐怖以外にも幅広い意味を持っているのでしょう。それが北の方に伝わった時に「いずい」となり、意味も少し変わったのです。

いずいの意味を説明するのが難しい理由

北海道

北海道の方言は、それほど意味が難解なものが多いイメージがないのですが、「いずい」に関しては標準語に言い換えるのが難しくて、説明しにくい方言です。その理由は「いずい」の使い方がとても幅広いからです。北海道や宮城県など「いずい」を使っている地域の人同士でなら、しっくりこない感じを伝えるのに便利な方言なのに、いざ意味を説明するとなると伝えにくいのですね。

いずいは説明がめんどくさいから使わない!

北海道や宮城県が上京して生活していると、方言はほとんど使わなくなります。とくに北海道の人はほとんど方言や訛りを感じさせないので、出身地を聞くまで北海道の人だと気付かれないこともあります。

「いずい」は北海道ではニュアンスとして使っているので、改めて意味を説明しようとすると、困ってしまうのです。それでほとんど使わなくなる人が多いので、あまり他の地方では知られない方言なのですね。

いずいの例文

人によって使い方も色々ある「いずい」なので、どんな使い方をするのか例文をご紹介します。「いずい」はどのような場面で使われるのか見てみましょう。

「いずい」の例文①

北海道民ちゃん

昨日買ったセーターの素材がなんかいずいの

(昨日買ったセーターの素材がチクチクするの)

たまにあるね、かゆくなっちゃういずい毛糸って

(たまにあるね、かゆみくなるほどチクチクする毛糸って)

北海道民くん

北海道民ちゃん

めんこいデザインだけど、いずいのガマンできないさ

(かわいいデザインだけど、チクチクするのをガマンできないよ)

返品してばくりっこしてもらえないの?

(返品して他のと交換してもらえないの?)

北海道民くん

北海道民ちゃん

なげるのも勿体ないから、したら一回聞いてみるか

(捨てるのも勿体ないから、そうしたら一回聞いてみようか)

「いずい」は体に感じる違和感や不快感を伝える方言なので、チクチクする不快な肌触りを伝えるのにピッタリです。

「いずい」の例文②

仕事で目を使い過ぎたから、朝から目がいずいよ

(仕事で目を使い過ぎたから、朝から目がゴロゴロする)

北海道民くん

北海道民ちゃん

あんただけがけっぱり過ぎじゃないのかい?いいふりこいて無理せんの

(あなただけが頑張り過ぎなんじゃないの?かっこつけて無理しないで)

いいふりこいてるわけじゃねえ。忙しいからしょうがないのさ

(かっこつけてるわけじゃない。忙しいから仕方ない)

北海道民くん

北海道民ちゃん

そしたら目薬でもさしていずいの早く治さないと

(それなら目薬さして、目のゴロゴロを早く治さないと)

「いずい」は目の中にゴミが入った時などのゴロゴロした不快感を伝える方言が一番説明しやすいと感じている北海道の人は多いですね。

「いずい」の例文③

北海道民ちゃん

なんかいずいと思ったら、靴の中に小石が入ってたよ

(なんか気持ち悪いと思ったら、靴の中に小さな石が入ってたよ)

そりゃいずいべさ

(それは気持ち悪いな)

北海道民くん

強い痛みとか、ひどい不快感ではなく、ほんの少しの気持ち悪さや違和感を伝えるのに「いずい」はとても使いやすいです。

まとめ:小さな不快を伝えるのに便利な「いずい」

大げさ言うほどではないけれど、小さな不快感は日常生活には山ほどありますよね。標準語ではゴロゴロとかチクチクのように擬音で表現することが多いですが、「いずい」なら小さな不快感に色々使えるので、便利な言葉です。全国的に使われても広まらなかったのが不思議ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です