「けった」とはどんな意味の方言?由来や使い方を解説!【愛知・名古屋・岐阜】

けった

「けった」という方言は、どこの方言なのかご存知でしょうか?聞いたこともないという人もいるかと思いますが、愛知県(名古屋)や岐阜県、などの東海地方、などで使われています。今回は「けった」の意味や由来の他に、使い方の例文も交えてご紹介します。

けったの意味と使われる地域

「けった」とは愛知県(名古屋)や岐阜県方言で「自転車」のことです。自転車のことを他の呼び方にする方言は他にも探せばあると思いますが、「けった」は東海地方の広い範囲でかなり浸透しています。昔は若い人しか使わなかったので、古くから伝わる方言ではなく、何かのきっかけで若い世代の間で生まれた造語が世代を超えて広がったのではないかと考えられています。

けったを標準語に言い換えると「自転車」

「けった」を標準語にすると「自転車」と言い換えます。自転車だけに絞った方言なので、それ以外には言い換えられません。ただ、原動機付自転車(原付バイク)のことは、「原チャリ」と呼びます。

自転車のことは「けった」なのに、原動機付自転車のことは他の地方と同じく「原チャリ」と呼ぶのが不思議ですね。

けったの漢字

愛知県民や岐阜県民など、自転車のことを「けった」と呼んでいる土地に住んでいる人はカタカナで「ケッタ」と書くことがほとんどです。漢字で書くことはありません。

けったの発祥、由来

「けった」という方言が生まれたのは、昭和になって庶民の足として自転車が普及してからです。自転車は、最初に地面を蹴って勢いをつけてからべダルを漕ぎ始めるので、「蹴ったくり」から「けった」になったという説が有力です。

「けった」という呼び方の他にも、「ケッタマシン」という呼び方もします。これはもともと「蹴ったくりマシン」と呼んでいた名残という説と、「けった」がアレンジされたという説があります。どちらが正しいのかはハッキリしていません。

けったが一躍有名になったきっかけ

けった

愛知県民は、自転車のことを「けった」と呼ぶのは全国的なことだと思っている人もいます。しかし東海地方以外の人が「けった」と聞いて「自転車のこと」だとすぐにわかる人はほとんどいませんでした。

ただ、ある時からかなり広まり、使わないにしても意味は知っているという人が増えました。なぜ全国的に「けった」が広まったのか、そのきっかけは日本を代表する漫画家の作品の中に「けった」が使われたからです。

その漫画家はドラゴンボールやDr.スランプなどの作品を世に送り出した鳥山明氏です。愛知県民である鳥山氏は、作品の中でコテコテの名古屋弁を話すキャラクターを登場させたことがあります。そのキャラクターが自転車のことを「けった」とか「ケッタマシン」と呼んだことで知られるきっかけになったのです。

けったの例文

「けった」という方言は昭和になってから生まれた「ジャス」や「ラーフル」「ジャミジャミ」と並ぶ昭和4大方言の1つとしてかなり有名になりました。ピンポイントで使う方言なので、使いやすいはずです。いくつか例文をご紹介しましょう。

「けった」の例文①

友達

最悪!けった盗まれた!
(最悪!自転車盗まれた!)
え!ほな警察に届けんと
(え!なら警察に届けないと)

お母さん

友達

めんど~お母さん新しいけった買ってよ
(めんど~お母さん新しい自転車買ってよ)
いかんて!はよ電話しな!あ~こがわく
(だめよ!早く電話して!あ~イライラする)

お母さん

親子の会話でも自転車のことは「けった」というのが当たり前になっています。

「けった」の例文②

友達

私の新しいけったマシーンいいでしょ~
てか、ママチャリじゃん

友達

友達

あえてのママチャリなの
たしかにちょっとレトロで可愛いかも

友達

この会話では、自転車のことを「けったマシーン」と言っているのに、「ママチャリ」という呼び方も使っています。「原チャリ」同様に、東海地方の人は「けった」と「チャリンコ」や「チャリ」を上手く使い分けています。

「けった」の例文③

友達

私、予備の傘持ってるよ、使う?
いや、雨だと思わなかったからけったできちゃったから

友達

友達

けったは置いて帰った方がいいよ、風邪ひくじゃん
でもさ、明日は朝の掃除当番で早く来なきゃいかんからけったがないと困るんだよ

友達

この会話はとてもオーソドックスな「けった」の使い方です。

まとめ:知られていても他の地方では使われない方言「けった」

「けった」が名古屋をはじめとする東海地方の方言というのは、かなり広く知られるようになったのですが、「チャリンコ」ほどの知名度にはまだまだないようです。愛知県や岐阜県で日常に使われている方言「けった」。かわいい表現なので、使える場面があったらぜひ使ってみたい方言です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です