語尾につく「けん」の方言の意味や使い方。例文でチェック!【九州・四国・中国】

方言「けん」

「けん」という方言は、言葉の語尾につけて使われることが多く、広い範囲で使われています。なぜ「けん」が広い地域でれるのでしょうか。今回は語尾に使われる「けん」の意味や使い方。使っている地域と、使われ方と違いなどを例文を用いてご紹介します。「けん」を使う地域の方でも、他の土地ではどう使われているのか興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

けんの意味と使われる地域

「けん」は九州や四国、中国地方など西日本のかなり広い範囲で使われています。福岡県、熊本県、宮崎県、佐賀県、大分県では日常的に若い人も使っています。

「けん」の方言の意味は言葉の語尾の「~だよ」「~だ」「~ぞ」と同じです。「けん」という言葉に意味があるわけではないのですが、イントネーションの違いがあるので他の土地の人が聞くと何か意味があるのかと思うこともあります。

「けん」を使っている地域はとても広いですが、使い方のルールがとくに決まっているわけじゃないのも共通しています。

けんを標準語に言い換えると「です」

「けん」を使う方言を標準語にすると「~です」という言葉に言い換えることができます。もっとカジュアルな言葉使うをする場合は「だよ」とか「でしょ」などと言い換えることもできます。

けんの漢字

「けん」はその言葉自体に意味があるわけじゃないので、漢字にはせずにひらがなで「けん」と書きます。

けんの発祥や由来

「けん」を使っている地域がかなり広いので、発祥や由来を突き止めるのは難しいですね。とくに九州で使っている土地が多いので、発祥は九州からではないかと推測できます。

けんを方言として使っている地域

「けん」は九州の方言とか、博多弁だとか、色んな説がありますが、実際には九州でも広く使われます。四国や中国地方でも使われるので、「けん」を特定の土地の方言というのは無理があるのかも知れませんね。

いったいどこまで「けん」を使っているのかまとめてみました。

福岡県

九州を代表する都市である福岡県は、方言が可愛いことで有名です。「けん」は「だね」とか「でしょ」のように気軽に話せる相手に使う言葉です。福岡では、「けん」と同じように「ちゃ」を語尾につけることもあります。イントネーションが強い特徴があり「~けん!」と普通に使っていても強く聞こえてしまうため、慣れていない他県の人が聞くと、怒っている?と思われてしまうことがあります。

佐賀県

「がばい」で一躍有名になった佐賀の方言ですが、「けん」は年代、性別を超えて語尾に使っています。「~だ」とか「~だから」という時に使っています。

長崎県

長崎県でも「けん」は使いますが、福岡ほどは使いません。「~っさ」とか「~っさ」は「けん」と同じように語尾につける長崎の方言ですから、こちらの方が馴染みがあるのでしょう。

熊本県

熊本県でも「けん」を語尾につけた会話は多いです。軽い感じで使われているので、若い世代にも浸透しています。イントネーションが他の地域と比べて軽いのも特徴です。

大分県

九州の中でも大分県は「けん」をあまり使わない土地です。まったく使っていないわけではありませんが、「けん」よりも「ちょ」「ちょん」「ちゃ」「っち」
という語尾の方言が馴染まれて使われています。例えば「あんたがしんけんだったの、しっちょん(あなたが一生懸命だったの、知ってる)」というように語尾に使います。大分弁では「しんけん」という方言は、「一生懸命」という意味です。

宮崎県

宮崎県は「けん」と「ちゃ」の両方を使っています。語尾が同じでも、イントネーションやアクセントが平坦な宮崎県の方言なので、同じ「けん」でもあまり目立たないのが特徴です。

中国地方

「けん」は島根県や広島県など、中国地方でも使われますが、九州とは少し違います。島根県や広島県では「~だけん」とか「~じゃけん」のように「~だ」とか「~じゃ」のあとにくっ付いて使われています。そのためさらになまり感が強く、他県の人が聞くと言葉が分からない場合があります。

使用例として、「明日は休みじゃけん、ドライブにでも行くど(明日は休みだから、ドライブにでも行くよ)」このようになります。

四国

四国では愛媛県と香川県の一部で「けん」を語尾に付けて使います。香川県では、語尾に「きん」を使う地域もあり、「けん」か「きん」を使うかでどこの出身かがある程度分かります。東讃地域の高松方面では「けん」が使われて、丸亀より西の地域では「きん」が使われます。日本で一番狭い香川県ですが、語尾の方言で出身地域が分かる面白い例ですね。
「けん」が一部に限られているのは、九州との関りが濃かった歴史が影響しているのではないかと伝わっています。

鹿児島県では使わない

ほぼ九州全体で使われますが、鹿児島県では「けん」は使いません。「けん」ではなく「け」と短くなった語尾や「~っど」と独特の語尾が付きます。

鹿児島県の方言は薩摩訛りといって、外国との交易を幕府に悟られまいとするための暗号の役割もあったという説があります。九州の中でも難しい方言が残っている理由としては一理あるのではないでしょうか。

けんの例文

様々な土地で使われる「けん」ですから、その土地の方言によっては印象も違うでしょう。そこで、色んな「けん」の例文を見てみましょう。

福岡県での「けん」の例文①

お母さん

ちょっと、あとからママが似合うのを選んでちゃーけん、そんな引っ張り出さんと!
(ちょっと、あとでママが似合うのを選んであげるから、そんなに引っ張り出さないで!)
そんならはよしてっちゃ!急いどるけん!
(それなら早くしてよ!急いでいるんだから!)

お母さん

ママはやることいっぱいあるけん、そんな急かさんと!
(ままはやらないといけないことが沢山あるから、そんなに急かさないで!)

福岡では、「けん」と同じように「ちゃ」や「と」を語尾によく使います。「ちゃーけん」は2つの語尾が混ざっていますが、語気を強める時に使うことがあります。

熊本県「けん」の例文②

女の子

明日は遠足やけん、ぎゃん楽しみ
(明日は遠足だから、すごく楽しみ)

お父さん

けそけそしてるとあすなさ寝坊するけん、はよ寝ろ
(そわそわしてると明日の朝寝坊してしまうよ、早く寝なさい)

熊本の方言の中で使われる「けん」の一例です。

九州での「けん」の例文③

九州弁

好きだけん、うちと付きおうて欲しい
(好きだから、私と付き合ってほしい)
そーはいけん、恋愛ご法度やけん
(それはダメだよ、恋愛はご法度でしょ)

九州弁

九州弁

じゃけん、どうしても諦められんけん
(でも、そうしても諦められないよ)

「けん」を方言として使う地域の言葉が入り交ざっていますが、告白の場面で女性が「けん」を使うのは、やっぱり可愛いですね。

まとめ:「けん」を使う方言は幅広い

「けん」は何となく九州の方言というイメージを持っている人が多いと思いますが、中国地方や四国でもわれている方言です。その時の方言のニュアンスによって「けん」のイメージも変わるので、聞き比べてみても面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です