方言「けろ」の意味。例文で使い方を見てみよう!【東北・山形・秋田・岩手】

方言「けろ」

「けろ」という方言は、東北の訛りとして有名なので、耳にしたことがある方も多いでしょう。「けろ」は山形県をはじめとする東北地方では、広く使われています。今回は方言「けろ」の意味や由来、使い方などを詳しくご紹介します。

けろの意味と使われる地域

「けろ」の方言は要求する時に使います。何かをして欲しい時などに「~してくれ」とか「~してよ」と同じように「~してけろ」と言います。つまり、「けろ」の意味は「くれ」という要求と同じなのですね。

東北地方を中心に、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県で使われています。

けろを標準語に言い換えると「ください」

前述のように「けろ」は「~くれ」という意味で使う方言です。標準語に言い換えればそのまま「~くれ」となります。もう少し丁寧な言い方に変えると「~ください」とか「~ちょうだい」と変換できます。

けろの漢字

「けろ」はそのままひらがなで書くので、当てはまる漢字はありません。

けろの発祥や由来

「けろ」は「くれ」と同じ意味の方言なので、「くれ」が訛って「けろ」になったという説が有力です。東北地方は冬になると厳しい寒さなので、口をあまり大きく開けずにしゃべる人が多く、そのせいで言葉の訛りが強く残ったと言われています。

「くれ」が「けろ」に聞こえた理由が、口をあまり開けなかったことが原因なのかわかりませんが、「~してくれ」が「~してけろ」に徐々に変化していったと考えるのが自然でしょうね。

しかし、調べているともう1つ由来として考えられる説が見つかりました。それはもともと東北では要求する時に「くれろ」という言葉を使っていたのが、変化して「けろ」になったという説です。

どちらが正しいのか定かではありませんが、「くれろ」が使われていた土地と「けろ」が使われている土地が合致すれば由来としては有力です。

けろの方言の評判について

方言を使わない土地、またはそれほど方言が特徴的ではない土地で育った人は、強いクセのある方言に一種の憧れのようなものを抱きます。方言女子の人気ランキングが女性誌に特集されるほど、方言は隠す時代ではなく、アピールする時代に変わりつつあります。

「けろ」の方言はいかにも東北の田舎訛りのようで、東北出身の人は上京すると使わないという人がほとんどです。ですが、意外に使ってみると評判が良い方言の一つで、とくになまりがかわいいと男性受けすることがあります。ちょっと男性に重いものを持ってほしいときなど、「持ってください」とお願いするより、「持ってけろ」と方言を使ったほうが、ドキッとするという意見もあります。

女性が可愛いと感じる「けろ」

女性の立場から見て、方言が可愛いと感じるランキングを調査した女性誌「CanCan」を参考にすると、東北弁の「けろ」は可愛く聞こえる方言4位としてかなり上位にランクインしています。

けろの例文

要求する時に使われる「けろ」ですが、応用バージョンがあるので、例文を使ってご紹介します。

「けろ」の例文①

お母さん

なあ、好き嫌い言ってねえでちゃんと食べてけろ
(好き嫌いしないで、きちんとたべてちょうだい)

お父さん

んだ、母ちゃんがせっかく作ってくれたんだ。ちゃんと食え
(そうだよ、お母さんがせっかく作ったんだから、ちゃんと食べなさい)
いらね。勘弁してけろ
(いらないよ。勘弁してくれ)

息子

このような家庭の中の会話に「けろ」がよく使われています。

「けろ」の例文②

社員

新入社員のみなさん、今日から2週間の研究を担当します。よろしくお願いします。

新入社員

よろしくお願いします

社員

じゃあ、さっそくだけど、自己紹介のためのスピーチを作成してでけろ。10分後に発表します。

ここで使った「してでけろ」は、「しててください」という時に使います。東北では濁点がつく訛りが多いので、「しててけろ」ではなく「してでけろ」になります。

「けろ」の例文③

女性

ごめんください

お母さん

はいはい、よぐござたなっす。あがてけらっしゃい
(はい、よくいらっしゃいました。どうぞあがってください)

女性

いえ、ここで失礼します

お母さん

んなこと言わねえで、お茶だけでも飲んでってけろ
(そんなこと言わないで、お茶だけでも飲んでいってください)

「よぐござたなっす。あがてけらっしゃい」は山形の方言ですが、基本的に敬語と日常の言葉が分かれていないことが多いので、場面によっては同じ言葉でも敬語として使われています。

この例文ではお客様を迎える時の丁寧な言葉として使っていますが、「よく来たな。あがってよ」と親しみのある言葉でもあるわけです。

まとめ:語尾につくと可愛く聞こえる「けろ」

「けろ」は要求や依頼の言葉の語尾に付ける方言なので、可愛く聞こえるのは聞き入れられやすくなるメリットがありそうです。「けろ」を使わないように気をつけている東北の方が多いのは勿体ない気がします。「付き合ってけろ」なんて言われたら、コロッと落ちる男性もいそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です