「くろ」方言の意味は?由来や使い方を例文で解説!【静岡県・岐阜県・愛知県】

方言くろ

「くろ」という言葉が方言だと知らない人が聞くと、色の黒のことだと勘違いしてしまうでしょう。「くろ」は静岡県や岐阜県、愛知県など東海、中部地方の一部で使われる方言です。今回は方言の「くろ」の意味や由来、使い方などを例文を用いて詳しくご紹介します。

くろの意味と使う地域

「くろ」を方言として使うのは、静岡県、岐阜県、愛知県です。意味は「端」とか「角」「隅」のことです。「くろ」を標準語にすると「隅」「隅っこ」「端」「端っこ」「角」と言い換えることができます。

くろの由来

方言「くろ」の由来は、田んぼと田んぼの間の仕切りのあぜ道のことを「くろ」と言っていたことが由来だと考えられます。田んぼの端から仕切りのあぜのことを「くろ」と呼んでいたので、端のことを「くろ」というようになったという説が有力です。

くろの漢字

田んぼのあぜのことを「くろ」と言うことが方言の由来という説から考えると、「畔」という漢字が当てはまりますが、漢字では使われることはほとんどありません。この字はあぜとも読みますが、くろとも読みます。

「くろ」を方言として使っている地域でも、あえて漢字で書く人はいませんが、当てはめるとすれば「畔」が有力です。

中部や東海での「くろ」の使われ方

「くろ」という方言は、静岡弁、三河弁、尾張弁、美濃弁など中部・東海地方では同じ「隅」や「端」の意味として使われています。若い年代の人はあまり使わなくなっていますが、ほとんどの世代で意味は理解できます。ただ、細かい地域に分けると、「くろ」が変化したバージョンもあります。

三河弁では「くろ」が変化

愛知県の三河地方とは、徳川家康の出身地である岡崎市や世界のTOYOTAのある豊田市などを含みます。三河弁は名古屋弁とは少し違う訛りがあり、名古屋よりの西三河弁と静岡よりの東三河弁に分かれて、さらに少しニュアンスが違う訛りがあります。

「隅」や「端」のことを表す「くろ」という方言は、三河弁になると「ぐろ」と訛って使う地域もあります。「くろ」でも通じないのに「ぐろ」になるとさらに難解ですよね。

「くろ」の例文

日常会話の中で頻繁に「くろ」を使う地域の方言を用いて、いくつか例文をご紹介します。

「くろ」の例文①

おばさん

ちょっと君たち、道路を歩く時はもっとくろによらんといかんよ
(ちょっと君たち、道路を歩く時はもっと端によらないといけないよ)

女の子

くろによりたいけど、ケッタが止まっててよれんもん
(端によりたいけど、自転車が止まっててよれないんだよ)

おばさん

そうか、じゃあケッタはどかしとくでね
(そうか、じゃあ自転車は移動させるね)

「くろ」という言葉以外にも、三河弁や美濃弁が混ざっています。ちなみに自転車のことを「けった」というのは昔からの方言というよりも、造語に近い言葉です。

「くろ」の例文②

お母さん

ほこりはくろに集まるから、くろをちゃんときれいにしないといかんよ
(ほこりは隅に集まるから、隅をきちんときれいにしないといけないよ)
くろに掃除機かけてやってるよ。
(隅に掃除機かけてやってますよ)

息子

お母さん

掃除機だけじゃなくって、くろの仕上げはほうきでやりん
(掃除機だけじゃなくて、隅の仕上げはほうきをかけなさい)

掃除のやり方をレクチャーする時には、かなり「くろ」が多発しますね。

「くろ」の例文③

女性

週末に旦那のお母さんが来るの。だから家の掃除とかでバタバタしてて大変だよ
それはえらいね。お姑さんは口うるさい人?
(それは疲れるね)

女性

女性

すごく細かい人。重箱のくろをほじくり返すような人
(すごく細かい人。重箱の隅をつつくような人)
うわぁ、いやだね

女性

女性

前に泊りにきた時は、押入の中までさばくって、整理整頓のやり方をチェックしていったもん」
(押入の中をひっくり返して、チェックしていったよ

神経質で細かい性格の人に対して、「重箱の隅をつつく」という慣用句はよく使います。この場合でも「隅」を「くろ」に言い換えるほど、馴染んでいる方言なんですね。

まとめ:暮らしの中になじみ過ぎた方言「くろ」

岐阜県出身の芸能人が、関東で「くろ」を使って不思議な顔をされたというのは、テレビ番組で言っていました。中部、東海地方では、あまりにも普通に使われる言葉なので、方言という意識が薄れてしまいまよね。独特の言い回しが山ほどある地域なので、掘り下げるとさらに興味深い言葉が見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です