福岡の方言「たい」。言葉の意味や例文。佐賀県・長崎県・熊本の地域でも使われる

方言「たい」は福岡の方言で、「たい」は「~だ」という意味になります。福岡でも特に福岡市周辺で使う人の多い博多弁として、「たい」は現在でもよく使われています。今回はこの方言「たい」の言葉の意味や使われる地域、例文を紹介します。

福岡の方言「たい」の意味

福岡でも博多弁として使われる方言「たい」。「たい」は「~だ」「~だよ」という意味になります。「たい」は文末に使われる言葉で、例えば標準語で「そうだ」は「そうたい」といった形になります。

福岡出身の芸人さん博多華丸大吉を見ていると、よく「~たい」と文末についていることが分かります。福岡の人にとって、会話の中で「たい」をつけることは自然であり、生活に根付いていることが伺えます。

「たい」と似た意味をもつ「ばい」

博多弁では「たい」の他に「ばい」も使われることがあります。「ばい」は「~だ」「~だよ」「~です」という意味になり、「ばい」と「たい」は非常に似た意味を持つ方言ですが、ニュアンスとしては、より相手に強い印象を与えたい時に使うのが「たい」。

相手にマイルドな印象を与える時に使うのが「ばい」と、話す相手との関係性によって博多弁では「たい」と「ばい」は区別して使われることが多いです。

福岡の方言「たい」が使われる地域

熊本

「たい」は博多弁の方言ですが、福岡県では博多弁以外でも通じる方言でもあり、福岡県では広く認知されている方言の1つです。また福岡県以外でも佐賀県や長崎県・熊本県でも「たい」は「~だ」「~だよ」と同様の意味で使われることもあります。

福岡県にある4つの地域と方言

「たい」は博多弁と言いましたが、福岡市周辺以外でも通用する方言ですし、福岡県の他の地域でも使われることもある方言です。ここで簡単に福岡の方言の種類を見てみると大きく4つに分けることができます。

1つ目は北九州市を中心とした「北九州弁」、2つ目は福岡市を中心とした「博多弁」、3つ目は炭鉱でも有名な筑豊地方を中心とした「筑豊弁」、4つ目は久留米市や柳川市・大牟田市など筑後地方を中心とした「筑後弁」で、この4つが主に話されている福岡県の方言となります。

それぞれの地域の人に話を聞くと、他の地域とは言葉が違うという思いも強いですが、福岡県では昔から地域ごとの交流もあるためか、「たい」のように福岡県全域で伝わる方言は他にもたくさんあります。

「たい」の例文

福岡県で使われる博多弁の方言「たい」。意味は「~だ」「~だよ」ですが、似た意味を持つ方言「ばい」よりも若干口調が強いと説明しました。基本的には「ばい」よりも口調が強いですが、必ずしも「ばい」よりも強いわけです。この当たりの口調の違いも含めて「たい」のい例文を3つ紹介したいと思います。

たいの例文①

お父さん

ごめん、電話に出てくれんか
(ごめん、電話に出てくれないか)

お母さん

ちょっと待って、今忙しかったい
(ちょっと待って、今忙しい)

相手の問いに対して、率直にこたえる時など「たい」を使って感情を表現することもあります。

たいの例文②

女子高生

あ、そういえば、これこれ、どげん思う
(あ、そういえば、これだけど、どう思う)

女子高生

これ前に言っとったやつやろ、よかねー
(これは前に言ってた物でしょ?よい品物だね)

女子高生

うん、よか買い物したと思う
(うん、私も良い買い物したと思う)

女子高生

ついに買ったったいね
(ついに買ったんだね)

「たい」は必ずしも口調の強い意味で使われるわけではなく、「たい」の後に一言添えて普通の会話でも使われます。

たいの例文③

高校生

ごめん、これのやり方どげんすっと?
(ごめん、これのやり方はどうやるの?)

高校生

これがこげんなってくさ、こげな風になっととたい
(これがこうなってさ、こういう風になってんのよ)

「どげん」は「どう」、「こげん」は「こう」を意味する博多弁です。

まとめ:「たい」は現在でもよく使われる福岡の方言です

「たい」の方言の意味理解できましたでしょうか?「たい」は現在でも福岡で頻繁に使われている方言の1つです。同様の意味を持つ「ばい」も含めて、言葉で相手にどのような印象を与えたいか、自分の今の気持ちを表現する時に、「たい」や「ばい」は使われます。福岡で現地の人と話すときは、是非この「ばい」と「たい」の違いに着目してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です