九州「てげてげ」の方言の意味や由来、使い方を例文でチェック!【宮崎・鹿児島】

方言てげてげ

「てげてげ」という方言は、宮崎県と鹿児島県で良く使われる方言で、「適当に」とか「そこそこに」「無理せずに」という意味があります。今回はこの「てげてげ」の方言の意味や由来、そして例文を紹介いたします。

「てげてげ」の意味と使われる地域

「てげてげ」は「適当に」とか「だいたい」「そこそこに」を意味する九州地方の方言で、主に九州南部に位置する宮崎県や鹿児島県で日常会話で現在も使われています。言葉の意味から良い時にも悪い時にも使われる方言で、「無理せず適当にやろうよ」というリラックスの意味もあれば「適当(雑)」「いい加減」という相手を非難する時にも使われる方言です。

「てげてげ」は「てげてげ〇〇」といった感じで、言葉の前に「てげてげ」を置いて使います。「てげてげ」は「だいだいそれぐらい」とか「適当にやって」とか「そこそこでいいよ」といった言葉をかけるときに使われる宮崎・鹿児島の方言です。

「てげてげ」の由来

方言の由来

「てげてげ」は九州の方言である「大概(たいがい)」が訛って「てげてげ」になったと言われています。「大概」は福岡などで良く使われる方言ですが、「すごく」とか「とても」という意味となり、本来の「てげてげ」の意味とは若干異なります。

ですが「大概」という言葉は元々中国から入ってきた言葉とも言われており、本来の意味は「だいたい」とか「おそらく」とか幾分控え目の意味です。大陸から日本に入ってきて、色々な形に「大概」の意味が変化したと言われています。

「てげてげ」を漢字で書くと「大概大概」となりますが、実際に漢字で書かれることは無く、文字に直すとそのまま「てげてげ」です。

「てげ」と「てげてげ」

宮崎や鹿児島の独特の方言として「てげてげ」の他に「てげ」という方言があります。この「てげ」の意味は「すごく」とか「とても」という意味となり、本来の「大概」の意味と同じです。この2つの方言は言葉は似てますが、意味は大きく異なる独特の方言なので、「てげ」の数をしっかりと聞き、意味を間違いないようにしたいですね。

ちなみにお近くの熊本県では「大概」は「たいぎゃ」となり、さらには遥か遠く東北地方の青森県では「たげ」「たんげ」という同様の意味を持つ方言もあります。また鹿児島県の奄美地方で使われる「てーげー」という方言は、「適当に」「だいたい」という「てげてげ」と同じ意味の方言となります。

「てげてげ」の例文

「てげてげ」は宮崎や鹿児島で使われる方言ですが、「だいたい」「適当に」という意味がありますが、使われる場面で相手に与える印象が大きく異なります。相手にリラックスしてもらう善意の場合もあれば、相手のいい加減さを指摘するといった悪意を持つ場合もあります。ここではそんな両極端の意味を持つ「てげてげ」の例文を紹介します。

てげてげの例文①

女子高生

これどこまですればいいと?
(これはどこまでやればいいの?)

女子高生

てげてげでよかよ
(無理せずだいたいでいいよ)

てげてげの例文②

サラリーマン

てげよだきー!
(とてもつかれたー!)

サラリーマン

頑張るのもてげてげにしてはよ飲みにいこ
(頑張りるものいいけどだいたい終わったら飲みにいこうよ)

てげてげの例文③

お母さん

急いで作ってみたけどどぎゃ?
(急いで作ってみたけどどんな感じ?)

お父さん

うーん、てげてげちゃね
(うーん、適当だね)

まとめ:宮崎や鹿児島では「てげ」と「てげてげ」は良く使われる

宮崎や鹿児島では「てげてげ」という方言は、日常会話で良く使われる、代表的な方言の1つです。同様に「てげ」も宮崎や鹿児島では同じくらい使われるので、この地域に行く予定のある人などは、この2つの方言は最低限覚えておくと、地元の方言が少しでも理解できるので便利ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です