九州地方でよく使われる方言「とよ」の意味や例文を紹介【福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県】

方言とよ

「とよ」は九州地方で良く使われる方言で、「~のよ」という意味です。「とよ」は「~とよ」といった形で使われ、九州地方では広い地域で使わる方言であり、北は福岡から南は鹿児島県まで沖縄を除く九州全域で使われる方言でもあります。今回は「とよ」の方言の意味や例文を紹介します。

「とよ」の意味や使われる地域

九州

「とよ」は九州では広い地域で使われる方言で、「のよ」という意味になります。九州では福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県と使われいてます。沖縄を除く全地域で使われる方言ですが、九州の隣でもある沖縄県や山口県ではほとんど使われることのない、九州地域独特の方言です。

「とよ」の語源は「~と」+「よ」

「とよ」は九州の方言で、「~とよ」のような形で言葉の語尾に付けられます。これは本来九州で使われる「~と」に「よ」を加えた形でもあり、「~と」は「~の」という疑問や肯定の意味になります。例えば九州では「行ってきたと?」と言えば「行ってきたの?」という質問になりますが、「行ってきたと!」と言えば「行ってきたの!」という肯定の意味にもなります。

この「~と」によく女性が標準語でも語尾につける「よ」を加えたのが「とよ」の語源です。ちなみに「とよ」は「と」のように疑問の時にも使われるわけではなく、こちらは肯定する時のみに使われます。

「とよ」は女性の言葉?

「とよ」は九州でも女性がよく使う方言ですが、これは語尾に「~よ」と付ける言い方を、日本の男性があまりしないからです。例えば「とよ」を標準語に直すと「~のよ」ですが、本来「好きだよ」が「好きなのよ」のように変化した形です。

このいわゆる「だ抜き」で表現すると、なんとなくお姉言葉になってしまいますよね?ですからこれと同じで「とよ」も男性が使うと、なんとなくお姉言葉に近い表現になるので、どちらかと言えば九州でも女性が良く使う方言です。

とはいえ男性が全く使わないかというとそうでもありません。親しい間柄の友人同士の間では時折「とよ」を使ったりもします。この辺りは標準語でもくだけた表現で「~よ」と使うこともあるので、言葉は違えど用法は似ています。

「とよ」は女性が使うと可愛らしい

「とよ」は語尾に「~よ」を付ける言葉なので、九州でも女性がよく使う方言です。でも実際九州女子が標準語で「~よ」と言うよりは「~とよ」といった方が、方言も混ざっていてなんとなく可愛く聞こえます。

「私あなたのことが好きなのよ」と言われるよりも、「うちはあんたのこと好いとうとよ」と言われた方が男性はグッとくると思いませんか?このように「とよ」は九州の方言の中でも、女性が使うとさらに可愛らしく聞こえてしまう、独特の方言なんです。

「とよ」の例文

九州地方の方言で「~のよ」の意味となる「とよ」ですが、「とよ」は九州の方言「~と」と語尾につける「よ」が合わさった独特の方言です。今回はこの「とよ」の例文を3つ紹介します。

とよの例文①

女子高生

昨日は大変やったね?
(昨日は大変だったね)

女子高生

もう、おかげで今日学校休んだとよ!
(おかげで今日学校休んだのよ!)

とよの例文②

お母さん

これ売ってるの今日までと聞いたとばってん?
(これ売ってるの今日までと聞いたんだけど?)

お父さん

そう、だからわざわざ買いに行ってきたとよ
(そうだよ、だからわざわざ買いに行ったんだよ)

とよの例文③

元カノ

私のこと今でも好いとうと?
(私のこと今でも好き?)

元カレ

う~ん、どうやろ…
(う~んどうだろうな)

元カノ

もう!好いとうって言ってくれたから付き合ってあげたとよ!
(もう!好きって言ってくれたから付き合ってあげたのよ!

元カレ

ごめん、ごめん、今でも好いとうばい!
(ごめん、ごめん、今でも好きだよ!)

まとめ:「とよ」は九州でも女性がよく使う方言です

「とよ」は「~のよ」という意味で使われる九州地方の方言ですが、九州では女性でも使う方言になります。もちろん性別を問わず使われますが、九州では男性よりもどちらかと言えば可愛らしい女性に似合う方言です。九州女子と合コンする時などは、女子が使う「とよ」の意味を理解しておくと、異性との交流も上手くいくかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です