北海道「つっぺ」方言の意味や使われる地域について。例文を使い方で解説!

「つっぺ」は北海道で広く使われている方言です。「つっぺ」は北海道の人なら誰でも知っているでしょうが、他の地域の人にはあまり知られていない独特な方言となります。「塞ぐ」「閉める」という意味になる「つっぺ」。今回は「つっぺ」の意味や由来、例文をご紹介します。

「つっぺ」の意味

「つっぺ」は北海道の方言で、色々な場面で使われる名詞です。瓶や水筒など容器を閉める「栓」や「蓋」、鼻血が出た時などに使われるティッシュなどの「詰め物」、戸が開かないようにするための「つっかい棒」や「閂」、などなど、まとめると栓やつっかい棒、液体や物体の流れを防ぐための物全般に使われており、「つっぺ」は「塞ぐ」「閉める」物に対して使う名詞です。

「つっぺ」の由来

「つっぺ」の由来はいくつかあり、元々関東の言葉で「突く」と、「押す」を意味する古い言葉「へす」が合わさり、「つっぺ」となったと言われている説や、医療用具として剥離や吸液に使われるガーゼである「ツッペル」から「つっぺる」「つっぺ」となったという説などがありますが、この2つはあくまでも説であり、「つっぺ」の由来として明確に証明されているわけではありません。

「押す」と「へす」の違い

違い

さきほど由来のところで紹介しました、古来の言葉「へす」ですが、正確には「押す」と意味が少し異なります。「押す」は物を直接押すことなのに対し、漢字では「へす」は「圧す」とも書かれており、「へす」は物を押さえつけたり押し付けたりして押すことを意味します。

こうやってみると「つっぺ」の対象となる物は、突っ込んで押さえつける物が多いので、「突く」+「圧す」という説も、あながち間違いではないかもしれませんね。

「つっぺ」と「つっぺかる」

「つっぺ」は「塞ぐ」「閉める」物に対して使う名詞ですが、北海道では「つっぺ」の他に「つっぺかる」という方言もあります。「つっぺかる」の意味は直訳すると「つっぺをする」という意味になり、「栓をする」「蓋をする」「詰め物をする」など、「つっぺ」の対象となる物を実際に使うことを、北海道の方言で「つっぺかる」と言います。

「つっぺ」と「つっぺかる」の意味を正確に理解するコツとしては、「つっぺ」は塞ぐ・閉める物に対する「名詞」、「つっぺかる」は塞ぐ・閉める物を実際に使う「動詞」と覚えておくとわかりやすいです。

他の地域で使われる「つっぺ」の意味

「塞ぐ」「閉める」物に対して使われる名詞として、「つっぺ」が北海道では方言として使われますが、山口県では「つっぺ」は違う意味の方言として使われます。山口県の方言として使われる「つっぺ」は「引き分け」や「同じ」という意味で使われます。

また同じ中国地方の広島では「つっぺ」は「損得なし」という意味で使われますし、東北地方の青森県では「つっぺ」は「背が低い」という意味で使われます。「つっぺ」が最も多く使われる地域は北海道ですが、他の地域でも別な意味で使われることもあり、その場合意味が大きく異なってくるので注意したいですね。

「つっぺ」の例文

「つっぺ」は「詰め物」など「塞ぐ」物に対して使われる名詞です。色々な物に対して「つっぺ」は使うことができるので、日常生活から仕事まで北海道では幅広く使われています。

つっぺの例文①

小学生

ママ、鼻血が出た

お母さん

ちょさないで、これでつっぺすれ
(さわらないで、これで詰め物しておいて)

ちょさないは「さわらない」という意味の方言です。「つっぺ」が北海道で一番多く使われるのが、鼻血の時の詰め物に対して良く使われます。

つっぺの例文②

女子高生

これもらうよ

女子高生

あめるからつっぺかれ
(痛むから早く蓋をしてね)

あめるは「痛む」や「腐る」といった意味の方言です。

つっぺの例文③

サラリーマン

いつ出かける?

お母さん

いますぐ出るから、裏の戸つっぺしといて
(すぐに出るから裏の戸口のつっかい棒かけといて)

つっぺは戸口を抑える「つっかい棒」という意味でも使われます。

まとめ:日常でよく使われる方言「つっぺ」は「詰め物」

「つっぺ」は広い意味では「塞ぐ」「閉じる」物に対する名詞で色々な物に使うことができます。ですが少し古い言葉でもあるので、現在でもよく使われる表現としては、鼻血や鼻水を塞ぐための「ティッシュなどの詰め物」として使われることが北海道では多いです。北海道は寒い地域ですので実際に行った時は、寒さによる鼻水を塞ぐため「つっぺ」を忘れないように携帯しておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です